230円 【A5サイズの健康と医学の本・小冊子・ミニブック・マンガでわかるシリーズ】「いつ」「なにを」「どれだけ」食べるかが健康のポイント!・よくわかる時間栄養学 本・雑誌・コミック 科学・医学・技術 医学・薬学 公衆衛生学・予防医学 230円 【A5サイズの健康と医学の本・小冊子・ミニブック・マンガでわかるシリーズ】「いつ」「なにを」「どれだけ」食べるかが健康のポイント!・よくわかる時間栄養学 本・雑誌・コミック 科学・医学・技術 医学・薬学 公衆衛生学・予防医学 A5サイズの健康と医学の本 小冊子 ミニブック マンガでわかるシリーズ 今だけ限定15%OFFクーポン発行中 いつ なにを 食べるかが健康のポイント よくわかる時間栄養学 どれだけ 本・雑誌・コミック , 科学・医学・技術 , 医学・薬学 , 公衆衛生学・予防医学,repairpro-kobe.com,【A5サイズの健康と医学の本・小冊子・ミニブック・マンガでわかるシリーズ】「いつ」「なにを」「どれだけ」食べるかが健康のポイント!・よくわかる時間栄養学,230円,/mordent159901.html 本・雑誌・コミック , 科学・医学・技術 , 医学・薬学 , 公衆衛生学・予防医学,repairpro-kobe.com,【A5サイズの健康と医学の本・小冊子・ミニブック・マンガでわかるシリーズ】「いつ」「なにを」「どれだけ」食べるかが健康のポイント!・よくわかる時間栄養学,230円,/mordent159901.html A5サイズの健康と医学の本 小冊子 ミニブック マンガでわかるシリーズ 今だけ限定15%OFFクーポン発行中 いつ なにを 食べるかが健康のポイント よくわかる時間栄養学 どれだけ

A5サイズの健康と医学の本 小冊子 ミニブック マンガでわかるシリーズ 今だけ限定15%OFFクーポン発行中 いつ なにを ☆送料無料☆ 当日発送可能 食べるかが健康のポイント よくわかる時間栄養学 どれだけ

【A5サイズの健康と医学の本・小冊子・ミニブック・マンガでわかるシリーズ】「いつ」「なにを」「どれだけ」食べるかが健康のポイント!・よくわかる時間栄養学

230円

【A5サイズの健康と医学の本・小冊子・ミニブック・マンガでわかるシリーズ】「いつ」「なにを」「どれだけ」食べるかが健康のポイント!・よくわかる時間栄養学



メタボや体調不良、病気の一因は体内時計の乱れです

 --- 目次 ---

  1.カラダのリズムを刻む体内時計
    時間栄養学はこの体内時計に着目し「いつ何をどのように食べるのがより健康にいいのかより健康寿命を延ばせるか」を突き止めることです
    体内時計は朝の光と朝食でリセット
  2.午前7時 朝食の時間栄養学
    朝食に欠かせない栄養
    朝食ではなにを食べると効果的か
    時間栄養学では朝食はとっても重要です
    朝食と能力発揮の興味深い調査結果です
  3.午前12 時昼食の時間栄養学
    昼食では、午後のエネルギー源となる糖質や脂質、代謝を向上させるタンパク質をしっかりとりましょう
  4.午後3時間食の時間栄養学
    間食は午後3時頃を目安にすると食べたものがエネルギーとして代謝されやすく太りにくい
  5.午後7時 夕食の時間栄養学
    夕食は消化の良い物をとるようにしたいですね
    午後9時以降の夕食は太りやすいので注意が必要です
    朝食3・昼食3・夕食4が適切です
  6.午後10時 就寝時の時間栄養学
    夜になると睡眠ホルモンのメラトニンが分泌されて睡眠のリズムに導かれていきます
    メラトニン不足を補うのに最も効果的なのは朝食です
    夜食をとると太る
  7.生活のリズムが変わってしまう時
  8.病気の発症にも体内時計が関係してきます
  9.健康寿命を延ばす時間栄養学
    テロメアのすり減りを少なくし健康寿命を延ばす生活を心がけましょう
  10.時間栄養学で生活習慣病をはじめとする病気を予防しましょう
    体内時計と食生活のリズムを合わせることが健康生活の第一歩です
  11.時間栄養学の5カ条

  A5サイズ

  伊藤クリニック院長・医学博士
  伊藤 喜一郎 監修

  24ページ

  割引について→こちら

【A5サイズの健康と医学の本・小冊子・ミニブック・マンガでわかるシリーズ】「いつ」「なにを」「どれだけ」食べるかが健康のポイント!・よくわかる時間栄養学

注目キーワード

仏様への感謝の気持ちを込めてお供えするお仏膳 紀州塗り 5寸 仏器膳 黒内朱 椀付 創業嘉永元年 黒田屋清太夫謹製 15×15cm【霊供膳 仏器台 日本製 漆器 お仏壇のお膳 お盆 お彼岸】

NEJMから腹部大動脈瘤 AAA: abdominal aortic aneurysmsのマネージメントに関してのreviewが出たため、読んだ内容をまとめたいと思います(N Engl J Med 2021;385:1690-8. 一部昔のAAAに関するNEJMのreviewからも引用します N Engl J Med 2014; 371:2101-2108)。 疫学・リスク因子 ■大動脈瘤:3cm […]

妊娠と脳血管障害

妊娠と脳血管障害は神経内科をしているとコンサルテーションとして重要なテーマになります。調べた内容に関してまとめます。本記事で以下に記載する「妊娠関連」という言葉は、「妊娠中+産後6週間以内」という意味で使用していますのであらかじめご了承ください。 妊娠で脳血管障害は増加するのか? ■妊娠と脳卒中の関係に関して N Engl J Med 1996;335:768-74. ・1988-1991年の期間 […]

初期研修でどう勉強するか?

ここでは「初期研修医」の先生に対象を限定して「どう勉強をするか?」というテーマに関して、自分自身の反省点や経験を踏まえて感じることを書かせていただきます。全く違う意見もあると思いますのであくまで一個人の意見として参考になるところがあれば幸いです。 全てを学ぶことは出来ない 研修医になってまず衝撃を受けることは「学ばなければいけない内容があまりにも多すぎる」という点です。私は初期研修の最初救急救命科 […]

RANGE 知識の「幅」が最強の武器になる  著:David Epstein

最近読んで最も面白かった本です。原題は”Why generalists triumph in a specialized world”で、直訳すると「なぜ専門的な世界でジェネラリストが勝つのか?」となります。スポーツ、音楽、勉学などを含めて幅広い領域で「早期から専門的に集中した教育を行うべきか?」それとも「専門特化せずに時間をかけて幅広い知識を身に付けた方が良いか?」という […]

「お前が言うか?」論法は袋小路

今回は医学教育の話です。医学教育に興味があろうがなかろうが学年が上がり教育病院に勤務していると必然的に何らかの形で教育に関与することになります。ここで教育する側の人が最初にぶつかる壁が「いやっ・・そういう自分もあんまりちゃんと出来ていないんだけど・・・自分が教えて説得力があるかな・・・?」という躊躇い(ためらい)かと思います。自分も研修医2年目になったときに教えながら「うーん・・・とは言ったものの […]

島(insula)と脳梗塞

本日カンファレンスで島(insula)梗塞の議論になりました。島(insular)は脳の中でも臨床的にはなかなか謎に包まれた部位と思います。あまりすっきりした内容にはなっていなくて恐縮ですが、学んだ内容をまとめます。 島(insula)の解剖と機能 中心島溝(central insular sulcus)により前部と後部に解剖学的には分かれます。 動脈支配:中大脳動脈(MCA)のM2から還流(AC […]

Kluver-Bucy syndrome クリューバー・ビューシー症候群

単純ヘルペス脳炎の患者さんで議論になったテーマです。Heinrich Kluver先生とPaul Bucy先生が1939年に発表したことに端を発します。ここではAuroraと名付けられたサルに対して両側側頭葉切除術が行われた後の様子を観察して記述されました。 人間での報告は1955年にTerzian先生とOre先生が19歳男性でてんかんコントロールのために両側側頭葉切除術を実施された患者さの報告に […]

脳梁病変

脳梁の解剖 ・脳梁(のうりょう: corpus callosum)は左右大脳半球を連絡する最大(約2億本)の繊維束(白質)です。その他左右の大脳半球を連絡する交通線維は前交連、海馬交連が存在します。 ・膨大部:PCAからの血流支配・膨大部以外:ACAからの血流支配 脳梁障害による神経症候 ■左半球機能の伝導障害:言語処理を左半球で行う際に右半球からの情報が脳梁障害により左半球に伝達されないと生じる […]

本ホームページの総閲覧数が100万PVになりました!!

全く医学の内容と関係なくて恐縮ですが、本ホームページの総閲覧数(PV: page view)が開始以来ついに100万に達しました!日々閲覧してくださる皆様方のおかげで本当にありがとうございます。本ホームページは非営利の教育目的なので広告などもないため特にインセンティブがある訳ではないですがとても嬉しいです。今後も是非ご覧になっていただけますと幸いです。どうぞよろしくお願い申し上げます。 PS:今年 […]

limb-shaking TIA

極めてまれだけれど知らないと診断できず、注意が必要な不随意運動の鑑別としてlimb-shaking TIAがあります。高度内頚動脈狭窄(または閉塞)を背景として対側の四肢に不随意運動を認める症候です。1962年にMiller Fisher先生が症例報告したことに端を発し(CMAJ 1962;86:1091–1099.)、現在は教科書にも載っているくらい有名な症候ではありますが実際臨床現場で出会うこ […]

人気記事一覧